スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『子供の科学』2015年4月号

子供の科学 2015年 04 月号 [雑誌]子供の科学 2015年 04 月号 [雑誌]
(2015/03/10)
不明

商品詳細を見る


特集が「元素総選挙」などと、某アイドルグループに対抗しているとしか思えないような記事ですが、まあこのくらいの特集でもやらなければ子供目線での興味ある元素のアンケートなんて出来るもんでもないだろうし、案外面白いことになるかもしれません。
まあ見た感じ、私お勧めの「金」(Au)がないのが実にケシカランwwwお前らみんなこれ大好きだろwww(←物欲に汚れきった大人目線)って感じですが、逆に金と人類のかかわりは金属としてはそれなりに深いし、今もなお装飾用だけでなくコモディティとしても工業用素材としても有用だし、そういう意味では今更感もありえるでしょうね。
まあ詳細は本誌を是非ご覧頂きたいのですが、一見キワモノながらも元素の可能性を垣間見ることの出来る良記事と思われます。

そして、関東では残念ながら見ることが出来なかったのですが、月食の記事も出ていました。もちろん望遠鏡があれば面白いこともできたと思うのですが、月食は肉眼でも十分に観測できる現象ですし、事実、国立天文台でのキャンペーンは月食時の「色」について、肉眼での観測を求めています。記事では望遠鏡を利用する例とともにコンデジやスマホによる記録の方法が詳細に述べられています。残念ながら月食は逃しましたが、記事を参考に月の満ち欠けなどをコンデジかスマホで記録してみると、今後(日本で皆既月食を見ることが出来るのはしばらく後になりますが)の練習になることでしょう。併せて連載記事で春の星座について知ることが出来ます。

ごく私的にですが興味を持ったのは、連載「伊藤尚未の電子工作ツアー」で東京工業大学のロボット技術研究会が取り上げられていたことです。
東京工業大学の学園祭「工大祭」には、私もよく見学に行くのですが、たたら製鉄を行っていたり電子工作教室があったり、サイエンステクノさんによる科学啓蒙企画があったり、年によっては有志のグループがリレー計算機を作って発表していたりするなど、理工系のアカデミックな企画が目立つ学園祭で、このロボット技術研究会さんも非常にユニークな発表をされている団体です。
本に紹介されている二進数計算機を製作された方は、昨年の学園祭ではペルチェ素子を使った霧箱なども作っておられました(←やったけどうまくいかなかったおっさん)。なお、作品の一部については本人のブログに解説がありますので、是非ご覧下さい。

『幸福の物理』より
「月刊科学雑誌『子供の科学 2015年4月号』に登場したゾ!紹介された電子工作作品2点について解説をするゾ! 」
http://shitaro-happy-physics.hatenablog.jp/entry/2015/03/15/003127[外部リンク]

また、トランジスターだけで動く時計というのも、相当な労作です。ロジックICだけで作るというのも相当に厳しい作業ですが、それをトランジスタで作るというのは、回路設計はもちろんですが、実作のときも相当に時間がかかったことでしょう。

工学系のサークルはもちろん東京工業大学のロボット技術研究会さんはすごいです。はっきり言って突き抜けています。トランジスターで動く時計とか、ちょっとでも電子工作をかじったことがあれば戦慄するレベルのものです(普通はこういうときはPICやAVRなどのようなマイコンをつかってプログラムを組む方が作業的に楽になるものです)。もちろんトランジスタで作ることも理論上可能ですし、彼らは実際作っていますが、普通は思ってもやれないもんですw

しかし、私がここで申し上げたいことは、もちろん彼らの技量はすごいのですが、東工大ロ技研さんだけでなく、工学系の大学にはこうしたものづくりサークルがなにがしかの形で存在していて、それぞれがそれぞれの技能と創意に基づいて実に巧みなものをたくさん作っているのです。

文系志望の皆さん、もう一度考え直してみてください。
もし、東京工業大学などほど遠くて、地元の全入大学の工学部に行くことになったとしたって、別にいいじゃないですか。是非行きましょうよ!全入大学の工学部では不安というなら、1ランク上の人文系大学の就職実績と比較してください。そういうことです。
理系の特に工学系にいけば、自分の能力と創意にあわせて思いのものを形にすることが出来るのです。そうやってものづくりに集中している時間は、まさに自分が自分の意思で人生の主人公になっている瞬間なのです。目の前に自分が作ったものがある、それこそが自分がリア充であることの証です。



2015年4月8日追記

たぶんこういう機会じゃないと書くことができないと思うので流れで書きますが、『子供の科学』では長年にわたってアチュア無線の記事を連載しています。
アマチュア無線はオワコンと思われる向きもあるかと思うのですが、それは明白な誤りです。事実、アマチュア無線は一時に比べると低調になっているのですが、それは特に90年代に今で言うところの携帯電話の代用として過渡的に使われたことがあるために、見た目以上にちょうちんがついたと考えるべきものです。特にスキー場等での使用を想定していたのは、映画などの影響も大きかったことでしょう。
もちろん無線ですから、そうした使用も想定できたのでしょうが(厳密には電波法違反!まあここでは法解釈のことには触れませんw)、案の定、携帯電話の代用としての用途は、ホンモノの携帯電話が普及することであっけなく駆逐されました。
私見ですが、アマチュア無線の王道の楽しみは、機材の自作などのDIYや海外との交信などの技術への挑戦にあるものと考えます。アマチュア無線サークルは工学系の大学に多々ありますが、これらが事実上の工作部になっていたりするのは別にアマチュア無線がオワコンだからではなく、もともと無線をやっていた人たちがその技術と経験を生かして新しいフロンティアを作ってきたのではないでしょうか。
もちろん、アマチュア無線は決して敷居の低い趣味ではありません。習熟するまでにたくさん勉強が必要です。工作経験など、手も動くことが必要です。そして、ぶっちゃけ、お金がたくさん必要です。しかし、そのお金をいかに安く削るか、それもまた重要なところなのです。
昨今では思想においてもDiYということが言われるようになってきました。
はじめてのDIY 何でもお金で買えると思うなよ! (P-Vine BOOks)はじめてのDIY 何でもお金で買えると思うなよ! (P-Vine BOOks)
(2008/06/02)
毛利嘉孝

商品詳細を見る

しかし、DIYなんてアマチュア無線じゃ100年前からやっていることですし、恐らくは今後もそうあることでしょう。。
携帯電話の代用としてハンディ機を買い求める人たちがいなくなった今こそ、アマチュア無線がもう一度その本来の価値を取り戻すのではないでしょうか(もちろん現状に課題なしとはしませんが、それはここで書くことではありません)。
スポンサーサイト

『女一匹シベリア鉄道の旅』

女一匹シベリア鉄道の旅 (コミックエッセイの森)女一匹シベリア鉄道の旅 (コミックエッセイの森)
(2015/01/17)
織田博子

商品詳細を見る

シベリア鉄道はユーラシア大陸を横断する国際列車としてのロマンある旅を楽しむことが出来るものと思われますが、ロシアという国の国情やわが国との外交関係を考えるに、未だ日本人にはどこかとっつきにくい点があるのも否めないのではないでしょうか。
 シベリア鉄道を扱った古典的な作品だと宮脇俊三の『シベリア鉄道9400キロ』やNHK特集の『シベリア鉄道』などがありますが、女性視点での旅行漫画で取り扱うのは珍しいのではないでしょうか。

シベリア鉄道9400キロ (角川文庫 (6230))シベリア鉄道9400キロ (角川文庫 (6230))
(1985/10)
宮脇 俊三

商品詳細を見る


シベリア鉄道 ~広大な大地を駆け抜ける 激動のロシア~【NHKスクエア限定商品】シベリア鉄道 ~広大な大地を駆け抜ける 激動のロシア~【NHKスクエア限定商品】
(2014)
不明

商品詳細を見る


外国人同士が乗り合わせる鉄道の中で、ぶっきらぼうな中にも人情味あるロシア人たちや故郷の違うもの同士が意気投合しおのおのの目的地を目指して別れていく様子がよく描かれています。とはいえ、言葉も通じない中で旅をともにしていくのも相当に難しそうに思えるのも事実。それ以前に自分の場合、そもそも自宅から出るのさえ億劫なくらいなんですけどね

『美大生を落とす50の言葉』

 昨年のデザインフェスタで入手したのですが、まあ、こうした本から美大生たちの価値観や生活の一端をうかがい知ることが出来るのではないでしょうか。
 美大生という人たちは、確かに普通に暮らしているとなかなか接する機会がないものです。私自身、美大生に初めて会ったのは美大の学園祭を見学してからです。近年はどういうところへ行けばいるのかというのもなんとなくわかり始めましたから、まるっきり観念上の存在というわけではないのですが、とはいえ私が過ごしてきたような一般の大学とはカリキュラム上も換わってくるところが多いでしょうし、また自分の価値観を大切にしているのが美大生たちなのでしょう。「揮発油を服にこぼしたときみたいに胸が熱いんだ」「一緒に世界どうデートしようか。」というのは、いかにも美大生の生活を想起させるせりふですし、「君の作品を見た。君のことが知りたくなった。」というのは、落とす落とさないとか美大生とか以前にクリエイターとして待っていたせりふではないでしょうか。

この『美大生を落とす50の言葉』は二冊あります。入手方法についてですが私はデザフェスでたまたま購入しましたが、それ以外の入手ルートについては私は知りませんので、その辺で探してください。文章だけでしたらtwitterのアカウントもありますので(@bidaisei50_bot)、そちらをご参考ください。

以下、余談
私はもちろん美大生でも美大卒でもありませんので、世界堂という画材屋さんがあることを、というか、画材屋という専門店があること自体を知りませんでした。なので、世界堂というお店が武蔵野美術大学の学内だけに存在する、いわゆる学内売店の類だと思っていました。
私のような実験オタクも理科実験教材の専門店や秋葉原のパーツショップだけではなく、DIYショップや東急ハンズなどをぼちぼちチェックします。しかし、これらと微妙にかぶらない世界堂の品揃えは、実験オタク的には非常に魅力的な品揃えでして、自宅から2時間以上かけて(新小平から歩くのしんどいんじゃヴォケwww)芸術祭や卒業制作展などの折を見ては世界堂で買い物をして「色んなものが揃ってこれは便利な店だ^^」と思っていました。
しかし、あるときそれこそムサビ生の知人に「大内さん、世界堂って新宿にありますよ。」と指摘されて軽く衝撃的だったのを覚えています。オレのあの労力は何だったのだろう…。

『四畳半神話大系』


四畳半神話大系 コンプリート DVD-BOX (全11話, 300分) 森見登美彦 アニメ [DVD] [Import]四畳半神話大系 コンプリート DVD-BOX (全11話, 300分) 森見登美彦 アニメ [DVD] [Import]
()
不明

商品詳細を見る
腐った大学生の日常がよく描かれているという知人の強いプッシュがあったので、私も見てみることにしました。

どう書けばいいのでしょう。書きたいことは多々あるのですが、いざ文章にするとなると、いろいろと書きにくい本音もあるものです。もちろん面白いですよ。一般論的な感想を言えば、腐った大学生をよく描いていると思います。
まあ、私にも理想として思い描く大学生活はありました。まあ、それは言えばキリがないですし、また私自身のポテンシャルもありますから、あまり贅沢は言えたもんじゃないです。
印象的なのは「何やってもお前はお前」って言われてるところです。戻ったところで大して変わらんって言われるトコは確かに正論だと思うのです。それに尽きるのだと思います。むしろ私ははやり直しの機会を貰えただけ幸せなのだと思います。実際理科大に行っても所詮私は私でした。嫌った時期もあったものですが、でも今は行ってよかったと思えるのは、多分素直に喜んでいいんだろうなあと思います。
別にハチミツとなんちゃらみたいな生活を(あれば受け入れますがw)望んでいたわけではありませんし、天才美少女の助手が(いれば受け入れますがw)欲しかったわけでもありません。じゃあ何が言いたいのか、これも私の中では割とはっきりしたものを持っているし、大学生活をやり直すことである程度実現できたこともあるのですが、ブログのような人目に触れるところではなかなか書きにくいものです。

とても印象的なアニメだったにもかかわらず、あまり大したことがかけないのがもどかしいところです。

『風との対話 手作り風車ガイド-楽しさの玉手箱』

風との対話 手作り風車ガイド―楽しさの玉手箱 (サイエンス・シリーズ)風との対話 手作り風車ガイド―楽しさの玉手箱 (サイエンス・シリーズ)
(2006/07)
松本 文雄、牛山 泉 他

商品詳細を見る




 風力利用に関しては名高い牛山泉氏、松本文雄氏両名の共著です。
 手作りとは言っても、このクラスの風車になってくると若干の電子工作+日曜大工程度の技能は必要と思われます。本書の作例では著者の牛山氏の勤務校である足利工業大学で卒業研究の学生が作るようなものもたくさんあるので、趣味の人が一朝一夕で…というわけにはいかないことでしょう。取り組むとなるとそれなりの時間と労力をつぎ込むことが必要でしょう。このくらいまでくると、工学や大気現象について学びながら風車を作る、作りながら学ぶという姿勢が必要だし、それこそが楽しみの真骨頂のはずです。もちろん本書でも指摘がなされていることですが、アマチュアの風力利用はあくまで趣味であるべきです。そのため、廃材利用を心がける、設置場所の制約を常に考慮する、風車というハードウェアだけでなく、地域の特性や大気現象などの環境にも関心を持つなどの心がけが望まれます。

  本書の刊行は初版が1995年で2006年に改訂されていますが、その頃から八年が経過し、色々事情が変わっているところもあるようですので私の方から補足しておきます。

1.本書の181ページで紹介されている「日本風力エネルギー協会」は「日本浮力エネルギー学会」と改称しています。
日本風力エネルギー学会
http://www.jwea.or.jp/[外部リンク]
名称変更についてのお知らせ
http://jwea.exblog.jp/15853115[外部リンク]

2.本書で「協会型風車」の購入先として挙げられている昭和理化学器械(株)さんのサイトを拝見する限りでは、「協会型風車」は取扱商品一覧にもネットショップにも掲載されていません。購入時はよくお確かめの上で検討されることをお勧めします。
昭和理化学器械(株)
http://www.srk.co.jp/index.html[外部リンク]
あわせて、本書でも183ページ「小型風車取扱先」に紹介されているノースパワーさんの風車は本書で掲載されている「協会型風車」に近い性能を有していると考えられます。仕様をご確認の上でこちらのショップもご検討ください。
ノースパワーの風力発電機キット NP-103
http://www.northpower.co.jp/windturbine/np103.htm[外部リンク]

3.著者の牛山氏が勤務する足利工業大学の「自然エネルギー広場」(p51)は「風と光の広場」と改称しています。
足利工業大学の風と光の広場の紹介http://www2.ashitech.ac.jp/crc/square/index.html[外部リンク]
 
さて、ここで登場した「風と光の広場」とは、どういう場所なのでしょうか。時期は折りしも学園祭めぐりの時期です。足利工業大学は栃木県の大学で学園祭なども立地的になかなか見学する機会がなかったのですが、これはいい機会がやってきました。これを機会に足利工業大学の学園祭に乗り込んできましょう。次回「牛山先生の本を読んで足利工業大学のわたらせ祭&風と光の広場に行ってきた」に続きます。

続きを読む

プロフィール

Mr.Ouch

Author:Mr.Ouch
理科好き(≠得意)おじさんです。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

けふはいざよひのつき
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。