スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『砂時計』1巻~10巻+ファンブック

砂時計 全10巻完結(Betsucomiフラワーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]砂時計 全10巻完結(Betsucomiフラワーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
()
芦原 妃名子

商品詳細を見る


 何気なく入った本屋で買った「砂時計の七不思議」 から始まった話は、映画「砂時計」を見に行って大悟のプロポーズに対して「任せて」と応じた松下奈緒に萌えまくりました一年砂時計をより実地に近い立場で観察し、粉粒体の性質についてより深く理解することができました。ところでこの「砂時計」には原作の漫画があるようです。どのような漫画なのでしょうか。実際に購入して読んでみました。

 もともと、、粉粒体の物理的性質に興味を持っていただけのはずだったのですが 、映画に松下奈緒一年砂時計が出ているというばかりがために 、なんかとんでもないゴールになってしまったんじゃないか…。というのが私の正直な感想です。

 で、やはりというか、当たり前の話ですが、原作の漫画の方が丁寧に話をおっていますよね。いちいち列挙はしませんが、登場人物一人一人に細かいエピソードがあるんだなと…。 まあ、ぶっちゃけ、サマーキャンプとか、ロクな記憶ないし、ほかにもこの手の話は私にはかなり厳しい話が多いのですが、話はよくできていると思います。にしても、砂時計ですか…。砂時計というのは、彼らの人生を物理的に象徴するものなのでしょう。

 とまあ、ここまで書いたのですが、あまりこの手の本を読む機会がありませんので、とりあえず「なかなか新鮮で面白かった」以上のことはもう書けませんわw

 ところで、「砂時計」の男方の主人公である北村大悟という人物なのですが、杏に対して鳴き砂のなる理屈を説明してみせたり(20歳冬「鳴き砂」)、教え子が宇宙ステーション「きぼう」について話すのを興味深げに聞いてみたり(番外編「time letter」)、理科教育に強そうな優秀な先生と見ました。
 大悟はただのバカ元気な脳ミソスポンジ体育会教師ではなく、教えるべき知識をきちんと教えられる優秀な先生のようです。彼に教わる子供たちは幸せでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Ouch

Author:Mr.Ouch
理科好き(≠得意)おじさんです。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

けふはいざよひのつき
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。