スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幽体離脱入門』

幽体離脱入門 霊トレで離脱は誰でもできる!幽体離脱入門 霊トレで離脱は誰でもできる!
(2009/10/21)
大澤 義孝

商品詳細を見る


書名からはかなりトンデモな内容を想起させますが(もちろん、人と立場によっては特に後半はトンデモそのものですが)、トレーニングの手法自体は新手のイメージトレーニングくらのもの、といったところでしょうか。それもそのはずで、幽体離脱がどのような現象であるかについては、著者自身が本質的には夢であると冒頭から書いています。この理解の仕方は、私たちの唯物論的な常識に照らし合わせてもそう矛盾はないのではないでしょうか。
著者自身はオカルトの研究会にも出入りしていたことがあるようで、また参考文献もバトラーの「魔法入門」をはじめ、その筋では錚々たる本が並んでいるので、相当な見識を持った人物と拝察します。しかし、著者の方針のためか、意図的に「(西洋神秘主義的な意味での)オカルトらしさ」を淘汰しているフシがあります。このため、西洋神秘主義的な世界観にそれほど詳しくないような人でも、西洋神秘主義的な価値観に抵抗感のない人であれば、そこまで違和感のある本ではないようになっています。
もちろん「アストラル体」など、それらしい単語は随所に散見されているのですが、たぶんこういうのは変な造語を作り出すより、既存の(少なくともオカルト業界(?)では)よく知られてる単語を利用した方が便利なのでしょう。その辺はまあやはり内容が内容なので、仕方がありません。

それよりもむしろ大事なのは幽体離脱後の体験です。その辺についても著者の日記がいくつか紹介されています。
ここまで書いておいて言うのもなんですが、当たり前の話なのですが、この種の本は読み手がこの手の体験に価値を置くかどうかで、本の価値が変わってくるように思われます
著者の日記も、真摯に道を求める者にはきっとよい道しるべになろうと思いますが、半面で私のようなふざけ半分は論外としても、合理的な思考を重んじる人には受け入れがたい本だと思うのです。それでも私のような者に読む意味があるとしたら、それは合理的な理論よりも自分自身の精神的な体験を重視する人もいる(たくさんかどうかは知らないが)ということを知ることではないでしょうか。

参考までに著者のサイトを紹介しておきます。
幽体離脱入門
http://tetramorph.to/oobe/[外部リンク]

それでは、著者は一体どのような方なのでしょうか。ここでちょうどよい機会がありました。先日より何度かお邪魔しているオカルトイベント「†Majyocco Sabbath†」です。既に今回で九回目、話はやや遡るのですが、昨年の12月11日、場所は渋谷のamate-raxiで行われました(逆に言うと、この本は11月中には既に読み終わっています。この記事に限らず、読んだ系の記事自体は読了後すぐに書くのですが、掲載までタイムラグをおいていることが多いです。特別な理由があるわけではなく、単純に無精なだけです)。
当日の一番の呼び物は、「幽体離脱入門」の著者の方に実際にお話していただくということでした。当日の詳細な様子については魔女バス公式およびご本人様のサイトにお譲りしますが、レクチャー時は坦々とお話を去るのが印象的でした。また当日はご本人様を囲んで座談会も行われて意見交換が行われたのですが、幽体離脱はおろか金縛り体験すらないオレはまるで蚊帳の外wwwwwwwwwwwwwwwwwww
まあ、私自身の立場で言えば、夢は夢なのでそれ以上の議論はありません。ただ、繰り返しになるのですが、そこに意味を見出す人たちも(たくさんかどうかは知らないが)いるということでしょうか。
まあ、デカルトは直交座標を考案するとき、ケクレはベンゼン環を発見するとき、ホーはミシン針を発明するとき、メンデレーエフは元素の周期表を、夢から着想を得たと聞きます。「科学者にとって大事なものは?」と問われたとき、「直感とイマジネーションだ」と答えた「日本沈没」の田所博士を思い出します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Ouch

Author:Mr.Ouch
理科好き(≠得意)おじさんです。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

けふはいざよひのつき
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。