スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブルー・ローズ・ウェイク』

ブルー・ローズ・ウェイクブルー・ローズ・ウェイク
(2013/07/01)
朧塚

商品詳細を見る


 極秘の研究所内で育てられた異形の少女キマイラは、謎の指令を受けてとある街に向かいます。指令を実行するために街で情報収集をする中で、自分と同じような異形の仲間たちが暮らす、半ば隠れ家のような住処に出入りするようになるのですが…。異形の仲間たちは自分たちが負ったもののために人目を避けるかのごとく暮らしますが、彼らに幸せは訪れるのでしょうか。
 出だしは登場人物の紹介と伏線が張られるので少々読みにくいのですが、中盤からはクライマックスにかけて一気に読ませる展開になります。
 私はあまり小説のことは知らないので、多くを書くつもりはないのですが、少しだけ書くと、登場人物の設定はみんな一癖ある人物のため人物描写は骨の折れるものだったと思われますが、むしろそれをよく心情やアクションに取り込んで、うまく描ききったと思われます。

入手に関してはアマゾンから購入できるので問題ないのですが、カバーまで付いている立派なつくりなので、ISBNコードを振ったほうがよいのではないかと思います。地方・小出版流通センターを利用すれば書店でも正規に取扱をします。但し、これは版元の問題です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Ouch

Author:Mr.Ouch
理科好き(≠得意)おじさんです。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

けふはいざよひのつき
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。