スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷口雅彦写真展「放電する世界」展へ行ってきた

 キルリアン写真という技法をご存知でしょうか。

 被写体に高電圧をかけて被写体から放電する様子を撮影するもので、技法それ自体は電気の取扱にさえ気をつければそれほど難しいものではないのですが、撮影された写真はオカルト的、もしくはスピリチャル的な観点からの解釈が多く、このために逆に疑似科学に否定的な真っ当なサイエンスの立場からも近づきがたい対象となっており、キルリアン写真それ自体の美しさに注目する機会はなかなかありませんでした。
 キルリアン写真は、どこかでご覧いただいたことがある方にはお分かりいただけるかと思うのですが、被写体から放電している様子は天体写真にも似た不思議な美しさがあります。今回の「放電する世界」展で展示されている写真は、そうしたキルリアン写真それ自体の美しさに注目してキルリアン写真それ自体を楽しもうという意図の下、企画された写真展のようです。この写真展の会場は代々木のcafe nookで7月4日まで行われています。
10475222_728003463912013_7661483973382173748_n.jpg

この「放電する世界」展の直接の企画者は写真家の谷口雅彦氏ですが、期間内の特別イベントとしてキルリアン写真の実演がサイエンスライターの川口友万氏立会いの下で行われました。私も一部を見たのですが、ブリキのロボットやら食パンやらパプリカやら実に色んなものが光る光るwww
10429498_727988443913515_6879559562084989414_n.jpg

10303879_727988273913532_3330124839147510200_n.jpg

ただ、誤解しないで頂きたいのですが、放電によって光らせていてもリアルタイムで見ているときは、被写体がぼわっと薄く輝くだけです。これを長時間露光(といっても一分もしないくらいですが)によって写真に収めるものです。

 トンデモや疑似科学をブッ叩くのは必要としても、それはそれとして写真の美しさを純粋に楽しむという意味で非常に興味深い企画であったと思われます。なお、基本的には作品展ですので、店内の写真については一切掲載しません。是非皆さんで会場まで足を運んで飾ってある写真をお楽しみください。

オーラ!? 不思議なキルリアン写真の世界オーラ!? 不思議なキルリアン写真の世界
(2014/04/09)
谷口 雅彦、川口 友万 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Ouch

Author:Mr.Ouch
理科好き(≠得意)おじさんです。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

けふはいざよひのつき
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。