スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『美大生を落とす50の言葉』

 昨年のデザインフェスタで入手したのですが、まあ、こうした本から美大生たちの価値観や生活の一端をうかがい知ることが出来るのではないでしょうか。
 美大生という人たちは、確かに普通に暮らしているとなかなか接する機会がないものです。私自身、美大生に初めて会ったのは美大の学園祭を見学してからです。近年はどういうところへ行けばいるのかというのもなんとなくわかり始めましたから、まるっきり観念上の存在というわけではないのですが、とはいえ私が過ごしてきたような一般の大学とはカリキュラム上も換わってくるところが多いでしょうし、また自分の価値観を大切にしているのが美大生たちなのでしょう。「揮発油を服にこぼしたときみたいに胸が熱いんだ」「一緒に世界どうデートしようか。」というのは、いかにも美大生の生活を想起させるせりふですし、「君の作品を見た。君のことが知りたくなった。」というのは、落とす落とさないとか美大生とか以前にクリエイターとして待っていたせりふではないでしょうか。

この『美大生を落とす50の言葉』は二冊あります。入手方法についてですが私はデザフェスでたまたま購入しましたが、それ以外の入手ルートについては私は知りませんので、その辺で探してください。文章だけでしたらtwitterのアカウントもありますので(@bidaisei50_bot)、そちらをご参考ください。

以下、余談
私はもちろん美大生でも美大卒でもありませんので、世界堂という画材屋さんがあることを、というか、画材屋という専門店があること自体を知りませんでした。なので、世界堂というお店が武蔵野美術大学の学内だけに存在する、いわゆる学内売店の類だと思っていました。
私のような実験オタクも理科実験教材の専門店や秋葉原のパーツショップだけではなく、DIYショップや東急ハンズなどをぼちぼちチェックします。しかし、これらと微妙にかぶらない世界堂の品揃えは、実験オタク的には非常に魅力的な品揃えでして、自宅から2時間以上かけて(新小平から歩くのしんどいんじゃヴォケwww)芸術祭や卒業制作展などの折を見ては世界堂で買い物をして「色んなものが揃ってこれは便利な店だ^^」と思っていました。
しかし、あるときそれこそムサビ生の知人に「大内さん、世界堂って新宿にありますよ。」と指摘されて軽く衝撃的だったのを覚えています。オレのあの労力は何だったのだろう…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Ouch

Author:Mr.Ouch
理科好き(≠得意)おじさんです。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

けふはいざよひのつき
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。