スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT-70R(1)買ったぜウッヒャッヒャwwwwwwww

先日の記事では改造コルキットKT-5の三脚の問題からメーカー品のエントリーモデル購入の可能性にまで話が飛んでしまったわけですが、その結果はどうなったでしょうか。
結局、私が選んだ機種はミザールテック社製MT-70Rです。これをどのようにして自宅まで持ち帰ったのかを振り返ります。
この記事は他の方にはどうでもいい話なのかもしれませんが、私にとっては、今後外へ持ち出すときにどこに気をつけたらいいかを考える材料です。基本、私自身への公開メモのつもりですが、もしお役に立つ方がいるようでしたらご覧ください。

私が購入したのは、秋葉原のスターベースというお店です。スターベースさんはあのタカハシの直営店ですので、専門店としても間違いないと思われます。秋葉原周辺には天体望遠鏡専門店がいくつかあり、また量販店も結構品揃えはいいので、東京は激戦区に思われます。しかし、当方としてもそもそもマニアックなものを購入しようというのですから、多少慎重になって専門店で購入したほうが間違いはないかと思いました。ここでは接眼部が金属化されたスターベースオリジナル仕様を購入できました。対応も迅速ですし、安心して購入できるお店だと思います。

で、ここで本来なら宅配便に任せるのが間違いないのだろうと思うのですが、私はこれをあえて電車に乗って持ち帰りました。
すいている時間帯だったからよかったし、またそういう時間帯を選んだのですが、この過程は一度は経る必要があると考えました。なぜなら今後、MT-70Rを持って遠征という機会があったときは、このときの経験をもとに計画を練ることになるだろうと考えたからです。お店から引き取った日は雨が降るかどうか若干きわどい感じだったのですが、むしろそういう状況もありえることを想起させる意味で、かつ濡れ鼠状態になることもなく、きわどい天気だったのは好都合だったといえます。
私の場合は移動の計画も基本的に電車ベースでして、キャリーカートを使う使わないの話はともかくとして、電車に乗るときに何に気をつけたいのか、実地に確かめたかったのです。
IMG_3566.jpg

自宅に到着しました。開けましょう。恐らく天文ファンの方はみなさんこの一瞬が待ち遠しいのではないでしょうか。
IMG_3567.jpg

MT-70Rのご自慢のKマウントです。持ってみると実際、ずっしりと重いです。
IMG_3568.jpg

鏡筒もなかなかしっかりした感じです。コルキットの軽さもいいけど、やはりずっしりした感じもホンモノ感あっていいですね^^
IMG_3569.jpg

そしてスターベースオリジナル仕様の金属接眼筒です。ステマだと思われてもぜんぜん構いません。本機はぜひスターベースさんからお求めになることをお勧めします^^
IMG_3570.jpg
IMG_3571.jpg

いや~今こんなにいいものが3万もしない値段で購入できるんですね。
雲が切れたり出てきたりと思わしくないのですが、実は本機を扱うに当たってまだまだ課題がありますので、しばらくはそちらのことを考えることにしましょう。

具体的にはどんな課題があるのかというと
1.アクセサリーの管理をどうするのかです。スピカ望遠鏡とKT-5のときは、付属品のアイピースを送られた袋にそのまま突っ込んで他のアクセサリーや観測グッズとまとめてスピカのパッケージの中に放り込んでいたのですが、ここまできちんとした、まさに準本格派と言っていい風格のものがくるとなると、そんなにいい加減な保管もできますまい。
差し当たりアイピース等の光学系はタッパーの中に乾燥剤を突っ込んで、鏡筒、三脚とそれぞれに保管方法を考える感じになります。
2.天体写真は雑誌投稿に掲載されるようなレベルのものは当初から諦めていたのですが、しかし、スマホカメラ等を使ってスナップ的に楽しむくらいのことはしたいと思っています。まあこの問題についてはデジカメ用アダプタを購入すればいいので、つまるところカネの問題です。まあ急ぐものではないので、今後の情報収集を待ちましょう。
3.最後までこの問題が残ったのですが、運搬手段をどうするかです。そもそもはこの問題にけりがつかなかったから8cm級をあきらめたわけで、それが7cm級にそのまま残されてしまいました。最悪は大き目のスポーツバッグに鏡筒を突っ込んでプチプチで保護して、三脚と架台はガラガラ引っ張っる、もしくは鏡筒用と三脚用と二つのスポーツバッグを持つとかでもいいのかなと思うのですが…。まあ、8cm級の場合は、仮にキャリーカートを利用できたとしても単純に言って5kgの架台を引っ張って4kgの鏡筒を担ぐみたいなことになるので、やはり7cm級で様子を見るのは正解だったかなあと。いろんな意味でMT-70Rは当面のエースになりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mr.Ouch

Author:Mr.Ouch
理科好き(≠得意)おじさんです。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村 科学ブログ 科学実験・工作へ

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも一覧

けふはいざよひのつき
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。